風景: 石垣島・八重山
Day

ヤシの葉(石垣島)
DSC_4456

海と空(石垣島)

DSC_5414
空(石垣島)
DSC5436
  サバニ(石垣島)
DSC_5452
   

サンゴ礁(石垣島)

D5c_0032
2008/07/02

青空(石垣島)

D5c_9401

 
川(石垣島)

DSC_4790
 
カーラ(石垣島)

DSC_4509


雲(石垣島)

D5c_9953


石垣 牛(石垣島)

D5c_9975


宮良川(石垣島)

D5c_9959


夏(石垣島)

D5c_9963


海岸(石垣島)
この島はやっぱり積乱雲がよく似合う。
D5c_9936


山頂の玉子(石垣島)
展望台です。
D5c_9720


洞(粟国島)

D5c_8319


洞からの空(粟国島)

D5C_8387


海に続く道(石垣島)

DSC_7521

朝日(粟国島)

DSC_8250

海岸(石垣島)
オモト山からの支流河口域のゴロタ石
DSC_499s1


海岸の砂岩(石垣島)
小石が転がって,くぼんだ穴をさらに大きく深く掘る
DSC_7201


七色(石垣島)

D50_5721

陽のあたりぐあいによりいろんな色に変化する海。
自然の色は、いつまでみていても飽きさせない。


イノー(石垣島)

my_img241_645

石垣島の空港のすぐ東、太平洋側のサンゴ礁
初夏、大潮の昼は潮が大きく引き、サンゴ礁の海を歩いて観察できる。


夕焼け(石垣島)

051111b_0002_d

石垣島の夕焼け。
その日のクライマックス。西の空が燃え上がる。
1日の疲れを癒してくれる素晴らしい空の色。

カラ岳(石垣島)

051109_11_d

雄大な草原と象徴的な山。
石垣島の中東部、この場所での新空港建設が始まっている。
この地では、太陽とともに神も東から来るといわれているのだが。。

マングローブ林(石垣島)

dsc_0082

マングローブ林。
柔らかい湿地に複雑に絡み合うヒルギの気根。
強烈な台風の暴風雨にも耐え抜くことができる。
ここでも、目には見えないところにも生物がいっぱい潜んでいる。

マングローブ林(石垣島)
dsc_0083


石垣島では、この宮良川と吹通川が主なマングローブ林観察ポイント。
数種のカニとトビハゼなどが観察できる。

ハイビスカス

051101_7_d

和名では仏桑花(ブッソウゲ)
沖縄では、昔からある品種が墓の周りに植えられていたが、
近年では、ハワイ等から沢山の品種が入ってきて華やか。


月桃

dsc_4331a

春に咲くゲットウの花。
花や葉は独特の芳香を放つ。葉は食品の包装、皿として使われていた。
主にモチをこの葉でくるんでいる。(カーシャー・ムーチー)
成分に抗菌作用。


海(石垣島)

dsc_0373

冬の米原の海。
夏の間は、多くの観光客や島民が海水浴・シュノーケリングに訪れる。
エメラルドグリーンの海にシケは似合わないが、海が時化て透明度の良くなる冬は独特の雰囲気を漂わせる。

防波堤(石垣島)

dsc5289

サザンゲートブリッジの上からの景観。
このような人工海域でも一部のサンゴが生育しているのが見られる。


石垣島
dsc0148

石垣島の北部。
伊原間から北側は細長い半島が続く。
小高い山々から見る島の周囲のサンゴ礁景観も素晴らしい。

石垣島
dsc_0154

白保のサンゴ礁域。
陸から1キロ以上の幅を持つサンゴ礁。切れ込みの先には川があり、海に栄養を運んでくる。
現在は、化学肥料や農薬、大量の有機質なども赤土とともに運ばれてしまっている。


砂岩(石垣島)
dsc_1026a

川のある(あった)場所では、所々で砂岩が見掛けられる。
柔らかく、鉄を多く含む砂。風雨にそぎ落とされた造形が興味深い。

亜熱帯林(石垣島)
dsc_4961

亜熱帯性海洋気候の八重山諸島。
人工林はほとんどなく、牧場、公園など以外は自然の森が広がる。


崎枝(石垣島)
dsc_1123

今では、島中の道が舗装されてしまっている。
人間には便利だが、風情がなく、自然に生きる動植物には
厳しい環境となってしまっている。
特に道路脇のU字溝は小動物にとっては罠(落とし穴)。

マーペ(石垣島)
dsc_2653a

低い山だが、切り立つ山頂の野底山。
山頂の大きな岩には、悲しいマーペ伝説が残る。


亜熱帯林(石垣島)
dsc_3453

自然が観察できるバンナ公園
亜熱帯独特の大きなツル植物やヘゴ、ヤシなど
自然を観察できるが、常に整備されてない部分が多く、
進入できないところが多い。


亜熱帯林(石垣島)
dsc_3462

植物のせめぎあい。
上空を見上げると所々、一部にしか空が見えない。
植物たちはいつも太陽を求め競い合っている。


海(石垣島)
dsc_051029_9

凪の海に白い雲。
夏の日、のんびり水平線の白い雲を見ていると、みるみるうちに成長し、
大きな積乱雲となって島に雨をもたらす。


滝(石垣島)
dsc051018_1

於茂登山の滝
山に貯めた雨水が、ゆっくりゆっくり流れだす。
山裾では、あちこちでそんな小さな滝が見られる。


道(石垣島)
dsc_051029_9

続く道
高台から海へまっすぐのびる道。
この道は初日の出参拝のメッカ。道の左側に車がギッシリに。
しかし、島の道はどこも電柱だらけ。




D50_7272

透き通った波が、傾いた陽の光をバックに打ち寄せる。
逆光に透ける透明感が見ていて気持ちいい。


民家(竹富島)
taketomi051113_2

自然に溶け込む竹富島の民家
白いサンゴの砂でできた道に流木のオブジェ。


民家(竹富島)
taketomi051113_5

古い民家が多く残る竹富島。
ここ数年で大きく様変わりした石垣島とは違い、琉球らしい景観が今も残る。


パッチリーフ(波照間島)
hateruma_out00

波照間港のすぐ外側
透き通った海と遠浅の砂浜が眼に眩しく、心まで透明になるようだ。
島の周りは潮流が早いので注意。

ニシ浜(波照間島)
nishihama15

遠浅の砂浜が続く波照間島の西浜。
海は明るく美しく魅力的だが、やはり綺麗なものにはトゲがある?!


竹富島
051113tanedor_i195

白砂の道が眩しい竹富島の集落
風の通る木陰はけっこう涼しく感じられる。


ブーゲンビレア(竹富島)
051113tanedor_i187

集落では、花々もたくさん植えられている。
集落までが自然で美しく見えてくる。


サンゴの海(石垣島)
dsc_1666

潮が引いたサンゴ礁。潮だまりには魚も見える。
うるずんの頃、1年で最大に潮が引く時期がある。
生きているサンゴも数時間の日光浴状態。


サンゴの海(石垣島)

dsc_1640

大潮の日、潮の引いたリーフエッジ(大浜)
まだまだたくさんのサンゴたちが頑張って生育している。
サンゴや石灰藻類が生死を繰り返し、サンゴ礁は成長していく。


川平湾
p6x7_03_004

石垣島では誰もが訪れる川平湾。
日本百景にも選ばれているらしい。


カラ岳(島に神がおりたつ山)
p6x45__02_170

草原の中に象徴的な山がそびえたつ。
自然、動植物は1つ、1匹ずつ考えることはできない。
すべてが助け合い、絡み合って生き続けている。


白保の港(石垣島)
p6x7_03_002

この岩で囲まれた小さな港も姿を消そうとしている。
数年のうちに白保の海浜も大きく姿を変えてしまうらしい。


カラ岳とパラセール
p6x7_03_0239

自然の力だけで飛ぶパラセール。



久部良(与那国島)
p6x7_03_0233

与那国島はドナン(渡難)と呼ばれていた。
黒潮が島にまともにぶつかり、波も高く、あまり浜がない
この島には渡るのが難しかったようだ。


西崎(与那国島)
p6x7_03_0234

透明度の高い海。
島の周りは水深もけっこうあるが透明度が高く、
その水深を感じさせない。


亜熱帯の森
dsc_1239

石垣市街地から少し外れると、そこには亜熱帯の森が。
小さな島では、年中湿度も高い。

海(石垣島)
dsc_1775

小径を通って海へ・・・。



様々な形に変化し見ていても飽きない。
dsc_3899


特に大風が接近すると不思議な雲の形や色に。
dsc_3253

サンゴの白化現象
近年はかなりサンゴがダメージを受けているようだ。
dsc_4658

07/07/30 石垣市大浜

子供たち
dsc_4924

石垣市大浜

時化(シケ)
dsc_4959

台風接近でシケた海


虹はいつも二重に架かっている。
img05090625

リーフ(石垣島)

dsc_0721

サキシマスオウ(西表島)

D5c_0910
 
Summer (石垣島)
D9c_2221
 
雲(石垣島)
D9c_2586

Unbalance(石垣島)
D9c_4592

Unbalance(石垣島)
D9c_4622
 
洞(石垣島)
D9c_4990

洞(石垣島)
D9c_4982

波(石垣島)
D9c_2114
 
射光(石垣島)
D9c_2114


 風景: 石垣島・八重山




Night
Sunset(石垣島)
DSC_0933


風の道(石垣島)

DSC_0538
南十字星(石垣島)
DSC_1010



南十字星(石垣島)
DSC_1015


洞(粟国島)
DSC_8364

雷(石垣島)

DSC_0784

オオコウモリとヤシの木(石垣島)
dsc_5126

ヤシ、星、ヤエヤマオオコウモリ
うるずんの頃、深夜にヤエヤマオオコウモリが集まりお見合い。


月と海
dsc_4215c

満月に照らしだされた夜の海
月光に輝く海の神秘さに匹敵する宝石なんてあるだろうか。

サバニ(石垣島)
dsc_3858a

港にあげられたサバニ。
早朝から海人を乗せ漁に出掛けていた漁船。静かに次の出番を待っている。


登野城漁港(石垣島)
dsc_3850a

夜の漁港
昼間と違い、静まりかえる漁港。

マングローブ(石垣島)
dsc1700a

名蔵湾のマングローブ
潮の引いた夜の海、歩き出しそうなヒルギの木。


製糖工場(石垣島)
dsc_0707

広がるサトウキビ畑
刈り取られる前の穂が咲いたサトウキビ。後ろには製糖工場。


夜の川平湾(石垣島)
D50_051110a_0011

静かな水面。
川平湾の中にはほとんど波が届かない。


星空(石垣島)
D50_051105hosi16

夏の夜空
街の灯りがあまり届かない場所に来ると満天の星空。
天の川もクッキリ見え過ぎて雲と見間違うほど。


ヤエヤマヒメボタル(石垣島)
dsc_1273

石垣島と西表島、小浜島だけに生息するホタル
3〜5月、夕暮れ時の30分間。人知れず一斉に輝きを放っている。

ヤエヤマヒメボタル
dsc_0213

石垣島と西表島、小浜島だけに生息する固有種

ヤエヤマヒメボタル(石垣島)
dsc_0539

石垣島と西表島、小浜島だけに生息するホタル
3〜5月、夕暮れ時の30分間。人知れず一斉に輝きを放っている。
 

ヤエヤマヒメボタル(石垣島)
dsc_0948

石垣島と西表島、小浜島だけに生息するホタル
3〜5月、夕暮れ時の30分間。人知れず一斉に輝きを放っている。
 

ヤエヤマヤシと星空(石垣)
dsc1276

南の島らしい風景
暗い星まで見えるため、たくさんの流れ星が見える。


コスモスU(宇宙)
dsc5232

縞模様の砂岩。
光りに照らし出された岩の後ろに天の川が流れる。


夜の海
dsc4075a


海の中に佇む岩
波ができるたび、その波が白く輝き岩に打ち寄せる。


月光
645_0507_06

マングローブの浜に潮が満ちてきた。
月と雲、波、マングローブが自然を奏でる。

夜の雲
D50_6324

夏の夜
真っ暗な夜でも積乱雲はみるみる発達する。

花火
D50_6349

音と光
海辺のホテルで花火の打ち上げ。

稲妻
D50_4894


稲光
夜空を無数の閃光が駆けめぐる。

空が焼ける
D50_6332

朝焼け
気付くと外が真っ赤に焼けている時がある。今日は下り坂。

暗雲
D50_3295a


低くたれ込める雲

閃光
D50_3301


夜空に閃光が走る

銀河
D50_4875


さそり座周辺


D50_3216


宇宙

月夜 ウージの森
D50_3941


サトウキビ畑


D50_3951


時空流
 
宮良川
D90_1863

DSC_5497
   
   

 PはPoji Film、DはDijital Date(3872X2592pixel)の略です。

このサイト内の内容(文章・写真)等を無断で転載、使用、加工を禁止します。
All rights reserved. Reproduction in whole or in part without expressed written permission is prohibited.
Copyright(C) 2005-8 by MYコレクション・"SeaZoo"
Photo by M******* Yasuda. (C)
All rights reserved. Reproduction in whole or in part without expressed written permission is prohibited.