動物: 石垣島・八重山

稚ガメ
土からはい出て、海に向かうアカウミガメの赤ちゃん

すごい早さで海に向かいます。たまに方角をちょっと間違えるやつも。。

ヤギ
”おいおい、こっちにくんなって!”

ヤエヤマオオコウモリ
りっぱな♂です

水牛
水牛って体が乾くと凶暴になるらしい

水牛
”す、す、すいません、ちょっと通してくだしゃんせ”

ウミガメが産卵した卵
産卵個数調査のために掘り返したもの

セマルハコガメ
けっこう市街地にもいるらしい天然記念物。

デイゴの蜜を吸うヤエヤマオオコウモリ
夜行性で、果実や花のミツを食べています

狙われる小魚
潮が満ちてきて、川の上流に向かって流れが逆流してくると
その流れとともに小魚を追って、アジなどの中型魚が遡上してきます。

産卵後、海に向かうアカウミガメ
陸上ではとてつもなく重いだろう大きな巨体を
引きずりながら懸命に海へと向かいます。

アオバズクの親子
左が母親、右の2羽は生まれて1ヶ月ほど経ち、巣立ったばかりの子供たち。
お母さんの手にはエサが握られています。"いつくれるのか気になってしゃーない"

アカショウビン
DSC_2509
"くちばしが大きくバランス悪そう"知人の一言。
八重山には4月に渡ってきて繁殖し、10月末頃南に渡っていきます。

大事な繁殖の地でもあります。

サギ


ムラサキサギ

カンムリワシ(若)

シギ

カモメ

アオサギ

カンムリワシ(幼)

アカショウビン

アオバズク

コノハズク

ユリカモメ
渡りの途中のユリカモメ。石垣島では越冬している姿も見かけられる。

ムラサキサギ

ヤツガシラ
P0404_05
沖縄では渡りの途中の春に見かけられる。

セグロアジサシ

アオバズクのヒナ(営巣)

アカショウビンのヒナ(巣立ち)

シロハラクイナ

ユリカモメ
DSC_1807

アジサシ

アジサシ

アオバズク( 右手にエサ)
DSC_2073

アカショウビン(♂♀)
DSC_2189

カンムリワシ(幼鳥)
DSC_7549

ミゾゴイ
DSC_7391

このサイト内の内容(文章・写真)等を無断で転載、使用、加工を禁止します。
All rights reserved. Reproduction in whole or in part without expressed written permission is prohibited.
Copyright(C) 2005-8 by MYコレクション・"SeaZoo"
Photo by Masahiro Yasuda. (C)
All rights reserved. Reproduction in whole or in part without expressed written permission is prohibited.